横浜市港北区の柏倉建設が、cococi+styleの高い性能基準についてご説明します。

0120479123

お問い合わせ 資料請求

0120-479-123

受付 9:00 ~ 18:00(水曜休)

  • お問い合わせ 資料請求
  • 柏倉建設で家を建てられた方へ アフターメンテナンス

ZEHの木造注文住宅 Cococi+styleについて
Cococi+styleの高い性能基準

High performance standard高気密も高断熱も、レベルが違う「cococi+style」

柏倉建設のオリジナル注文住宅「cococi+style(ココチスタイル)」は、使い勝手や快適性に優れているだけではありません。
高気密・高断熱住宅としてもきわめて高水準なスペックを誇り、省エネや環境負荷軽減にも大きく寄与する低炭素時代にふさわしい一棟です。
こちらでは、そんな「cococi+style」の性能面に着目してみました。

パッシブデザインで自然エネルギーを
最大限に生かす

エアコンや空調機といった特別な装置を使わず、建物の構造や材料などに工夫を施すことで熱や空気の流れをコントロールし、快適な室内環境を創り出す住宅設計方法をパッシブデザインと言います。柏倉建設のオリジナル注文住宅である「cococi+style」は、この考え方を突き詰めた住まいづくりです。

これだけでも格段に省エネ効果・環境負荷軽減効果を発揮しますが、太陽光発電などの「創エネシステム」を組み合わせることで一棟のエネルギー収支がゼロ以上となり、ZEH住宅の条件を軽くクリアすることができます。

パッシブデザインを生かす4要素

パッシブデザインを生かす4要素

  1. 高性能サッシ・Low-Eガラス
    面積の大きな窓は、想像以上に熱を通します。高性能サッシやLow-Eガラス(複層ガラス)で採光性をキープしながら熱の伝導だけをブロックすれば、効率的に「高断熱」を実現できます。
  2. 高性能な断熱材
    外気温の影響を最小限に抑え、冬暖かく夏涼しい家を実現するには、断熱性の向上が欠かせません。「cococi+style」では、高性能な断熱材で家全体を包み込みます。
  3. 熱交換型24時間換気システム
    「cococi+style」では、排気から熱と湿気だけを回収して室内に戻す熱交換型換気システムを採用。お部屋の空気を清浄に保ちながら熱を再利用するので、冬でも暖房効率の低下を招かず省エネに貢献します。
  4. 建物の隙間をなくす
    住まいの気密性を高めるということは、建物全体の隙間を極力なくすことにほかなりません。「cococi+style」の注文住宅は屋根、壁、窓、サッシといった各建材の設計・施工によって建物の機密性を高め、空気の漏れを最小限に抑えています。

住宅性能の指標

「cococi+style」が誇る高気密・高断熱性能を数値化したものをここにご紹介します。なお、一般に住まいの断熱性能は「Q値」で示され、気密性能は「C値」で示されていますが、これらの値が小さければ小さいほど高性能と言えます。

下記のグラフを見てもおわかりのように、「cococi+style」は冬の寒さが厳しい東北地方の一般的な住宅よりも断熱性が優れており、その一方、気密性では一般的な高気密住宅をはるかにしのぐ数値を叩き出しています。ちなみに「C値」は建物1m2あたりの隙間の面積ですが、通常の高気密住宅が2cm2なのに対し、「cococi+style」はその4分の1の0.5cm2に過ぎません。

断熱性(Q値)

断熱性が高ければ、室温は外気温による影響を受けにくく、一定に保てるため快適に過ごせます。また、冷暖房効率も上がり、光熱費も抑えられます。

断熱性(Q値)

数値が低いほど優秀2.7w/m2k以下が高性能と評価されます。

気密性(C値)

気密性は住居が持つ密閉性とのこと。この気密性が高いとすきま風が起こりにくく、外気温の影響を受けにくくなるので「冬暖かく、夏涼しい家」になります。

気密性(C値)

数値が低いほど優秀1cm2/m2以下で高性能と評価されます。

Cococi+styleは、一棟ごとに気密測定を行っています

かしわくらの家は、住宅の構造体と開口部(サッシ・ドア)の工事が完了した段階で、全棟において気密測定を実施します。 さらに、設計時の熱計算により算出された、温熱性能と外皮性能、測定した気密性能を数値でご確認いただける性能報告書(※)を作成し、お客様にお渡ししています。
※ 性能報告書は、住宅の性能値を確認していただくもので、性能を保証するものではありません。

気密測定

LIXILの「スーパーウォール工法」で、
暮らしの質をより高く

「環境」にも「住まう人」にもやさしい性能を追求する次世代の注文住宅「cococi+style」では、快適・健康・安心・省エネという4つの観点から暮らしの質を最高水準まで高めることをコンセプトとした、LIXILのスーパーウォール工法を採用しています。8年連続でハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーを受賞した確かな工法で、「暮らしの質」はさらに高みへ。

  1. 強靭なモノコック構造

    特徴1
    強靭なモノコック構造
    スーパーウォール工法の代表的な特徴といえば、床・壁・天井が一体化した「モノコック構造」。外部から大きな圧力が加わっても変形しにくいので、一般的な在来工法に比べて大きな地震や台風でもひずみなどが生じにくいというメリットがあります。
  2. 夏涼しく、冬暖かい省エネの家

    特徴2
    夏涼しく、冬暖かい
    省エネの家
    高断熱性を誇る硬質ウレタンフォームで住まい全体を包み込むことで、魔法瓶のような高い保温性を実現します。外気の影響を受けにくいため、室内は夏も冬も快適。お部屋の温度を維持しやすいことから、冷暖房コ ストも抑えられます。
  3. 結露の発生を抑え、健康な住まい長持ち

    特徴3
    結露の発生を抑え、
    健康な住まい長持ち
    結露の発生にともなうカビやダニの繁殖は、一般的な高気密住宅の泣き所。しかしスーパーウォール工法なら、湿気に強い断熱材と通気層構造の採用によって内部結露の発生が抑えられます。構造材の腐食を避け、住まいの耐久性を高めます。
  4. 気になる騒音や生活音をシャットアウト

    特徴4
    気になる騒音や生活音を
    シャットアウト
    外部の騒音はストレスになり、内部からの音漏れにはプライバシーの問題があります。スーパーウォール工法の住まいなら、気密・断熱パッキンによる高気密施工と複層ガラス仕様の断熱サッシの力で、これらの不安を低減。静かで心地よい暮らしが実現します。
  5. 全棟で気密測定を実施し、性能を「見える化」

    特徴5
    全棟で気密測定を実施し、
    性能を「見える化」
    住宅の構造体と開口部の工事が完了した段階で、すべての住まいで気密測定を実施。測定結果は、性能報告書(気密性を保証するものではありません)としてお渡ししています。性能を「見える化」することは、お客様の安心につながります。
  6. 断熱材内部の結露による劣化を 35年間保証

    特徴6
    断熱材内部の結露による
    劣化を 35年間保証
    スーパーウォール工法では、使用している硬質ウレタ ンフォームの内部結露による劣化に35年間の保証が付帯されます。硬質ウレタ ンフォームは、高気密高断熱住宅の肝とも言える建材。この断熱材に長期保証があることで、末永く安心して暮らすことができます。※保証対象は、壁パネル、屋根パネル、小屋パネルに使用されている硬質ウレタンフォームのみ
cococi+styleのパンフレット、差し上げます

横浜市港北区でZEHの注文住宅を手がける柏倉建設では、ホームページでは紹介しきれない「cococi+style」の特色をわかりやすくご紹介したパンフレットをご用意しています。資料請求をご希望の方は、当サイトの専用フォームから必要事項をご記入の上お申し込みください。追って郵送いたします。

35.5454738,139.625316

35.5454738,139.625316

家づくり勉強会

お問い合わせ

0120-479-123

PAGE TOP