横浜市港北区でZEHの注文住宅を手がける柏倉建設

0120479123

お問い合わせ 資料請求

0120-479-123

受付 9:00 ~ 18:00(水曜休)

  • お問い合わせ 資料請求
  • 柏倉建設で家を建てられた方へ アフターメンテナンス

家づくりの話
高気密・高断熱住宅のメリット・デメリット

Highly heat insulated and highly airtight housing高気密高断熱住宅の特徴をくわしく知りましょう

今日、すでにマイホーム建築の主流となっている感もある「高気密高断熱住宅」は、文字通り「気密性」と「断熱性」に優れた住まいのこと。もともとは冬場の寒さが厳しい北海道で生まれた考え方で、外気が入り込むすき間を徹底して排除し、断熱材で家の周囲をすっぽりと覆っているのが構造的な特徴です。

高気密高断熱住宅は優れた機能を備えた住まいですが、正しく理解していないとさまざまなトラブルを招くこともあります。こちらでは、横浜市港北区でZEHの注文住宅を手がける柏倉建設が高気密高断熱住宅のメリットとデメリットについてお伝えします。

高気密高断熱住宅のメリット

Meritsof Highly heat insulated and
highly airtight housing

  • 光熱費が抑えられる
  • ヒートショックの心配が少ない
  • 生活音や会話が外に漏れにくい
Merit 01

光熱費が抑えられる

光熱費が抑えられる

外気温の影響を受けにくく密閉性が高い室内は、冷暖房効率(省エネ効率)が高くなります。そのためエアコンの稼働を最小限に抑えながら、夏は涼しく冬は暖かく過ごせます。

Merit 02

ヒートショックの心配が少ない

居住空間全体をムラなく均一に暖められるので、温度差が生じにくいのが特徴。脳梗塞などにつながるおそれがある冬場のヒートショック対策としても安心です。

Merit 03

生活音や会話が外に漏れにくい

高い気密性のおかげで遮音性も高く、家庭内の生活音や会話が外に漏れにくくなります。また、「車の騒音や雨音などが気になる」という方にもおすすめです。

高気密高断熱住宅のデメリット

Demeritsof Highly heat insulated and
highly airtight housing

  • 夏場はエアコンなしでは過ごせなくなる
  • 熱気だけでなく湿気もこもりやすい
  • VOCが滞留するおそれがある
Demerit 01

夏場はエアコンなしで過ごせなくなる

気密性と断熱性に優れた住まいの室内には熱気がこもりやすくなるので、夏場は暑さの影響からエアコンの稼働なしでは過ごせなくなります。

Demerit 02

湿気がこもりやすい

湿気がこもりやすい

気密性が高い環境では、熱気だけでなく湿気もこもりやすいという弱点があります。十分な換気が行われないと結露が生じてしまい、カビやダニが発生しやすくなります。

Demerit 03

VOCが滞留するおそれがある

住まいに十分な換気力がないと、建材に使用されている塗料・接着剤などから出るVOC(揮発性有機化合物)が室内に滞留するおそれがあります。

高気密・高断熱住宅を立てる際に気をつけたいこと

24時間換気システムは欠かせない

一般的な高気密高断熱住宅ではちょっとしたことで結露が生じやすくなり、この結露がさまざまなトラブルを招きます。壁の内部や小屋裏、床下などで結露が発生すると、それが原因となって木材が腐ってしまうことも。鉄部にもサビが生じやすくなるので、住まいの耐久性や寿命を大きく損なうおそれがあります。

高気密高断熱住宅のこうしたデメリットを補うのが、24時間換気システムです。24時間換気システムがあれば、高気密高断熱住宅のメリットがいかんなく発揮されるだけでなく、室内の塵やホコリを抑えられるので空気環境の向上にもつながります。

柏倉建設のオリジナル注文住宅
「cococi+style」にできること

「cococi+style」にできること

「cococi+style(ココチスタイル)」は、室内外からの湿気に対して適切な防湿対策がなされた、従来の高気密高断熱住宅を上回る性能基準を達成した弊社のオリジナル注文住宅です。高性能な断熱材や高性能サッシ・Low-Eガラス、熱交換型24時間換気システムといった自然エネルギーを最大限に生かす工夫を随所に施し、快適な室内環境を実現します。

35.5454738,139.625316

35.5454738,139.625316

家づくり勉強会

お問い合わせ

0120-479-123

PAGE TOP