横浜市港北区でZEHの注文住宅を手がける柏倉建設

0120479123

お問い合わせ 資料請求

0120-479-123

受付 9:00 ~ 18:00(水曜休)

  • お問い合わせ 資料請求
  • 柏倉建設で家を建てられた方へ アフターメンテナンス

家づくりの話
住宅購入に大切な住宅ローンの基礎知識

Basic knowledge of housing loansマイホーム購入の成否は正しい資金計画にあり

正しい資金計画

ほとんどの方にとって、一生に一度の大きな買い物になるマイホーム購入。
とくに長期ローンを組んでの購入となると、気を付けたいのが資金計画です。
頭金や金利、返済期間など考えるのも面倒だから……と、おざなりにはできません。
ここをしっかり押さえておかないと、最終的な支払金額や返済の負担に大きな差が生じてしまうからです。

こちらでは、横浜市港北区でZEHの注文住宅を手がける柏倉建設が、
住宅購入に際して知っておくべき費用やローンについてお話しします。

住宅ローン選びのチェックポイント

住まいを建てることは重要なゴールのひとつですが、「最終ゴール」ではありません。なぜなら、立てた新居で家族全員が豊かに実りの多い暮らしを実現することが最終ゴールであると同時に、住宅ローンの返済という大仕事が残っているからです。

できるだけ家計に負担をかけず、無理なく返済を続けられるよう、ご自身のライフプランを見据えた上で慎重に住宅ローンを選びたいところです。

人生設計を念頭に置いて住宅ローンを組む

住宅ローンの支払額が大きくなればなるほど人生設計に影響があります。「人生の三大支出」に「住居費」「教育費」「老後費」があると言われますが、このうち、住居費が突出してしまうと、ほかの教育費や老後費を抑えざるを得なくなります。この3つの支出に歪みが出ないよう、慎重な返済計画が必要です。

商品の特性をよく理解して選ぶ

マイホーム購入に住宅ローンを利用するのは今や当たり前のようになっています。しかし、ひとくちに住宅ローンと言っても、数多くの商品があることをご存知でしょうか? 「とにかく返済できればいい」といった感じで深く考えずに選んでしまうと、あれこれ知恵を絞って相場よりも安い土地を買ったり、良心的な工務店で安く良い家を建てたりしても、ローン次第ではその努力を無にしかねません。

返済期間や返済方法、金利などをよく把握する

金利はローンの種類や時勢に左右されます。仮に同じ価格の物件を購入したとしても、たとえば金利が1%、返済方法や返済期間が少しでも違うと、最終的な総支払額に大きな差が生まれてしまいます。前述の通り、住宅ローンには数多くの商品があり、それぞれ金利や返済方法などが異なります。それらの中からご自身のライフプランに合ったものを選びましょう。

自己資金よりタイミング優先で考える

多くは20~35年といった長期返済になるのが住宅ローン。だからこそ「頭金を多くして借入額を少なくしたい」と考えるのも当然ですが、バブル期と違って金利が1~2%という低水準で推移している昨今では、むしろなるべく早いうちにマイホームを購入したほうが有利です。なぜなら、頭金を貯めている間も家賃などの住居費は出ていくばかりで無駄が多くなりますが、早くローンを組めば若いうちに返済を終えられるので老後の家計を圧迫せずに済みます。

返済期間・返済方法で検討する

返済期間 定年までに完済を目指す

返済期間

当たり前のことですが、返済期間が長いほど毎月の返済額は少なく済みます。反対に、返済期間が短いほど毎月の返済額は多くなります。借入額3,000万円で金利2.5%の場合、25年返済は35年返済よりも毎月の返済額で約2.7万円余計にかかります。

現時点では収入がそれほど多くなくても、若ければ長期のローンを組んでも良いでしょう。しかし、ある程度の年齢に達していて定年までの年数が限られているような場合は、毎月の返済額を多くしてでも早めの完済を目指すべきかもしれません。いずれにせよ、完済のゴールは定年時に設定するのが得策です。

返済方法元利均等と元金均等の違いを把握する
返済方法 特徴 こんな方に
元利均等返済 毎月の返済額が返済開始から期間の終了まで均等となる返済方式です。文字通り毎月の返済額が一定なので、返済計画の見通しを立てやすいのがメリット。ただし、元金均等方式に比べて当初の毎月の返済額は少なくなるものの、利息の支払総額は多くなります。 現時点では収入もそれほど多くないが、まだ若いため長期にわたっての返済を視野に入れられる方向け。多少、支払総額は多くなっても、毎月の負担が減らせるのはメリットです。
元金均等返済 毎月の返済額が元金を借入期間で均等割りした金額と元金の利息の合計額となる返済方式です。借入れ当初の返済金額は多いものの、元金の減りに応じて毎月の返済額が少なくなるのが特徴。元利均等方式に比べて当初は毎月の返済額が多くなりますが、利息の支払総額は少なくなります。 ローン開始後、当初は返済額が多くても、後々の負担が減るほうがベターだと考える方に適した返済方法です。ある程度の年齢に達し、一定の収入を得ている方向け。
ボーナス併用リスクを見込んで慎重に検討する

ボーナス併用

給料は労働内容や労働に従事した日数に応じて支給される報酬ですが、ボーナスはあくまでも業績が上向きである場合にのみ会社が支給する報奨金のようなものです。したがって、会社が業績不振に陥ってしまうと「減額」や「支給しない」といったことがあり得ます。景気に左右されない優良な大企業に務めている方や公務員である方以外は、よくよく慎重に検討したいところです。

柏倉建設が、住宅ローンのご相談まで承ります

住宅ローンのご相談会

横浜市港北区や周辺エリアでZEHの注文住宅を手がける柏倉建設では、施主様の収入や人生設計に合った住宅ローンの選択から返済プランまで、資金計画全般についても広くご相談を承っています。また、マイホーム購入に役立つセミナーや相談会も随時開催していますので、ぜひお気軽にご参加ください。

35.5454738,139.625316

35.5454738,139.625316

家づくり勉強会

お問い合わせ

0120-479-123

PAGE TOP